FC2ブログ
ジャズには、美味しい料理とバーボンがあれば最高。 全国各地のお気に入りの店などを主観と好みで綴ってみます。 (ライブハウス・JAZZ Bar・JAZZ喫茶・SOUL Bar・Music Bar・・・)
TOPフリーエリア
■全国各地のジャズ関連情報を共有しましょう。

■BOURBON WHISKEY関連情報を共有しましょう。

20:00過ぎに店へ行ったら、OPENしていた。



IMG_20121020_200420.jpg





マスターは奥のテーブルを案内してくれたが、カウンターがいいと言って

バーボンのボトルの前で座らせてもらった。

スピーカーも正面上から聴こえ落ち着く席。



アルコールランプの独特な匂いは、なぜか懐かしさを感じる。

今どき33年も営業している店は老舗の部類に入るのか、カウンターは年季を感じる。



随分、昔にマスターの平野さんに教えていただいたCDは愛聴版として、いろんな人にも紹介した。

JERZY MALEK / BY FIVE ポーランドの天才トランペッター(録音当時23歳のデビューアルバム)

RAREなCDでなかなか手に入らない一枚である。

そんなことを懐かしんで話したら、なんと最近新しいCDが出たとのこと。

さすがに、詳しい !!



【JERZY MALEK / BY FIVE】

3896209722_1f155e1e9d.jpg







最初の一曲目はピアノトリオ

北欧の名盤らしい

開店早々の立ち上がりにふさわしく

ジャズ喫茶に入ってすぐこの世界に溶け込むことのできる曲であった。

そして一枚は持っていたいCDである。



トゥー・ザ・リトル・ラジオ

AHJPBHECL.jpg



バーボンのボトルの前で



IMG_20121020_203217.jpg



IMG_20121020_203517.jpg



外人のカップルが入って来た。

観光地だけあって、外国人向けの旅館などもあり西洋人旅行者は年中いる。



しばらくして、マスターが

『 聴きたいのありますか ? 』と聞いてきた。

どちらかと言うと聴いたことのあるレコードをかけてもらうより

知らないレコードが、まだまだいくらでもあるので

その中で素晴らしいものを聴きたいと、思うことが多い。

自分の好きなサックス奏者 Sonny Stitt で

マスターお薦めがあったら聴きたいとお願いした。

さっそく、Sonny Stittがガンで亡くなる直前の最後のレコードをかけてくれた。

その名も【AT LAST 】

S00006598.jpg



晩年の味のあるテナーのバラードは、ぐっとくる。

Sonny Stittのレコード・CDは35枚ほど持ってはいるが、これは名盤でした。

マスターは、CDでは出ていないので、出ないのが不思議と言われていました。

自宅帰って気になったので調べたら、同時にCDも発売していたようだ。

しかしジャケットが全く違っている。

MI0002236980.jpg



レコードは探しても無いようだったので、アマゾンでCDを購入して聴いてます。

中でも、I'll Be Seeing You はとってもムーディーで繰返し聴いてしまう。





マスターとは、新宿ゴールデン街にある某ジャズの店の話で毎回盛り上がる。

狭い小さな店なのですぐいっぱいになるため他人に教えたくない店と言われてました。

カウンターに6~7人しか座れませんが、RAREで知る人ぞ知る。なぜか落ち着く店です。



時々、東京にレコード・CDを買いに出られているようで

新宿のUnionが豊富にあるとの事

私もレコードを買う時は新宿か最近は御茶ノ水のDisk Union JAZZ TOKYO

での購入が多い。

Union JAZZ TOKYOが発行した、『御茶ノ水 神保町 JAZZ SPOT GUIDE』

には12軒紹介されている。

NARU やアディロンダックカフェなどの他、

マスターにはRIVERSIDEのレコードを全て揃えていて音もよくシックな店 GRAUERS
(追記: 閉店しましたが、同じオーナーが17年4月 銀座8丁目に『RIVERSIDE』を開店したとのこと。)

を紹介した。



(尚これらの、ジャズ喫茶などはブログで別の機会に、ご紹介したいと考えています。)





次にアルゼンチン ジャズのCDを聴いた。

IMG_20121020_205303.jpg



スポンサーサイト



19時ごろにジャズ喫茶 Sugar Hill に到着したら、オープンは20時からで
閉まっている。
久しぶりに訪れたが、前にも同じ様に閉まっていた事が何度かあったのを思い出す。

仕方なく、街中をぶらついた。
果物屋さんで、採れ立て『飛騨産りんご』を購入。
高山の隣町である久々野は、りんご栽培が盛んな町である。
りんごの甘酸っぱい香りがする。上質なりんごが安く買えるのは産地ならでは。

そして酒屋さんの前で立ち止まり
高山からの帰りの電車内では、『氷室 ひむろ [大吟醸生酒] 』を
買って飲んだのを思い出す。
フルーティーな極上品の生酒は冷やしたまま持って帰るか、全て飲んでしまうことである。




さらに、歩くと街中のあちこちに飛騨の木彫りの店があったり
飛騨の採れ立て新鮮野菜が夜にも関わらず販売する店もある。
その店には、この辺で採れる『すくなかぼちゃ』があった。


そして川の近くまで行くと、懐かしい飲み屋横丁。
思わず、路地を入ってしまった。
確か、地元の人と前に入ったはずの見覚えのある看板がある。
高山ラーメンの『桔梗屋』さん
あじ平が混雑してきたのと、腹に余力を持たせてあったので
美味しかった記憶が半信半疑で、のれんをくぐりラーメンを注文した。

昔なつかしの、優しいスープにちぢれ麺が絡みあっという間に完食。



高山ラーメンは、いくつも美味しい店があります。
やよいそばや甚五郎は飛騨醤油の好みの味でよく食べに行きました。

やよいそば  



高山グリーンホテル近くの甚五郎ラーメン



今回は、飛騨牛は食べなかったが、ランチでも美味しい店が何軒もある。



つづく
飛騨の山中でも、新鮮な魚が食べられるお店。

奥さんは、久しく見なかったのに若返っているようにも見えるし
親父さんの髭も年季が入っている。
訪れたのが、土曜日とあって18時にはカウンターが一杯になり二階席にも予約客が
入って大賑わい。鮮魚だけではなく串物や一品料理も人気である。

ふくらぎの刺身は、こつこつした歯ごたえがあり富山で食べているかと錯覚するほど。
この店では、清酒玖珠玉が美味しくて毎回飲んだのを思い出します。

WS000867.jpg

富山湾や能登の豊富で新鮮な魚が毎日入荷。

IMG_20121020_181852.jpg

WS000869.jpg


あじ平のHP

WS000868.jpg


つづく
名古屋 栄 テレビ塔横にあるジャズ喫茶
最近、改装して随分綺麗になり、音も格段に良くなった。
前は、キャッシャー横にあったマッキントッシュのプリに熱がこもり
オーバーヒートしたこともあったようだが
オーディオも余裕のある作り付けのラックに収納され
真空管で鳴らしている。
アンプと店内のウッディーな内装で相変わらずの大音量でも聞き易い音
になっている。

WS000850.jpg

IMG_20121010_184759.jpg


IMG_20121004_182434.jpg


普段は、ジャズを聴きに来る客と言うより、食事や待ち合せ更にデートなど
いろんな客層がいて、繁盛している。


WS000849.jpg


先日この店でヤンラングレンのLPを聴いた。
この40歳代(1966年生まれ)で活躍しているミュジシャンのLPがあるとは驚きで
店の人に聞いた。
時々、不思議がられるお客さんがいますが、特別に発売されたらしい。
間違いなく、私が東京のコットンクラブでトリオを聴いてCDにサインをしてもらった
北欧の貴公子ヤンラングレンである。 
帰ってから調べたらやはりLPが同時発売されていた。

JAN LUNDGREN / BLUE LIGHTS  LP

JAN LUNDGREN / BLUE LIGHTS  LP
価格:3,800円(税込、送料別)



因みに私の愛聴版は  パーフィディア
特に 7.ドン・チャ・ゴー・ウェイ・マッドは、休日に聴くと心癒される。

51Tabbw8ddL.jpg


サインはこんな感じです。

img227.jpg


ライブハウスの『LOVELY』や『THE WIZ』が近くにあり
ライブ前に寄ってみたいジャズ喫茶である。
[名古屋 『JAZZ&Coffee YURI』 と JAN LUNDGREN]の続きを読む
静岡駅に降り立ったら必ず立寄る繁華街にあるジャズ喫茶

すべてがオリジナル(初版盤)レコードばかりでマスターいわく
家が一軒建つほどのレコードコレクションとのこと。

JBL ハークネスから流れてくる音は、ぐっと迫ってくる感覚。
オリジナルならではの迫力 !!
目を閉じると、あたかもライブをやっているがごとく生音を感じる。

1398.jpg

飾られているレコードは名盤揃いで一枚何十万円もする
高価なものもあるようだ。
マスターは、ネットでレコードの売買もされており
全国のジャズ喫茶の店主なども珍しいオリジナルレコードを
オークションで購入されている。

1399.jpg

入ってすぐのカウンターは広くゆったり5席ほどあるが
スピーカーの真ん中に近い左端が私は落ち着く。
バーボンの種類はオープン当初はいろいろあったが今は限定されている。

アップライトのピアノも置いてあり一時期ライブも行っていたこともある。
椅子は、いろんなタイプがあり好みの椅子にかけてもらえるように配慮されたり
トイレも綺麗でマスターのこだわりを感ずるいいジャズ喫茶である。

静岡県静岡市葵区呉服町2丁目7−10 鋳物会館 3F‎
054-252-3100

マスターの小林東さんが2017/1/19に他界されました。

ご冥福をお祈り申し上げます。



前にも記述しましたが、7月に再会できましたマスター小林東さんが、

急遽入院されたとBlogで知りました。
http://blog.jazz-thisis.com/

随分前から車に乗るのを止めて毎日歩いて通っていると言われていて

あんなに元気だったのに !!

でも、日に日に元気になってらっしゃるので、にこやかな顔を

お店で見れるのを楽しみにしています。

WS000828.jpg


[釧路 『ジス・イズ』]の続きを読む
神保町のいつもの店が休みだったので
フラメンコライブをときどき行っている『オーレ・オーレ』で昼食。
シーフード・パエジャのコースをいただく。
このほかにサラダ・アイス・コーヒー。
大満足 !!
今度は、ライブを見たい。

IMG_20121008_122424.jpg


お店でいただいた

フラメンコ情報誌 Farruca

オーレ・オーレが紹介されています。

今年で連続10回目のジャズプロに行って来た。
同時に37箇所でのライブの選択は毎年とても悩む

横浜ジャズプロ2012

なかでも宮間利之とニューハードを久しぶりに聴いた。
http://jazzpro.jp/4399
御年90歳帽子にヘッドホンを付けた出で立ちは
違和感を覚えたが、若い項と同じ様に身体を揺らしながら指揮をする姿が
見れただけでも嬉しかった。
耳が聞こえにくくなっている以外はとても90歳には見えない。

宮間91


10月31日に91歳を記念しCDを発売するとの事だが今回は特別に
宮間さんがサインをしてくれるとの事で即ちに購入しサインを頂いた。
後を継ぐバンマスの川村さんもサインして下さいましたが、
81歳の山木さんは出てはこなかった。
宮間さんと握手をして元気な姿を見れただけでも大満足であった。

宮間さん サイン

今年の1月に卒寿記念コンサートが行われたライブ版

90



老舗ジャズ喫茶『ちぐさ』が再開でライブも行われていた。

ちぐさ
7~8年昔の横浜ジャズプロムナードに参加してライブも行っていた『BAR BRONX』
オーナーがイエローストーンを好んで飲んでいたと言っていた程BOURBONの種類も
豊富にあったので数回飲みに行ったことがあり久しぶりに探しまわったが、
見つからなかった。


仕方なく一軒のBarに飛び込んだ。
表からガラス張りで中の様子が見えカウンターに若い女性が見え、なんとなく入り易い雰囲気があった
間口が1.5軒ほどの鰻の寝床のような長いカウンター

Shot Bar
Sweet Season
横浜市中区伊勢佐木町4丁目

Sweet Season 1



店の人によると、どうやらBAR BRONXは、4~5年前に閉店してしまったようである。
BRONXを思い出しながら、久しぶりにイエローストーンを飲んでみた。
バーボンコーナーには40種弱ほども置いてあって、VAN WINKLE 12年など珍しいものもあった。

WS000838.jpg


IMG_20121007_010859.jpg


バーボンに詳しい店員さんが、VAN WINKLEを試飲させてくれたのが嬉しかった。
若い女性定員が数名いたのもあり、25時過ぎてからドンドン客が入ってきていて繁盛していた。

イエローストーン 750ml

イエローストーン 750ml
価格:2,565円(税込、送料別)